おまとめローンを、申込み窓口へ相談されるのも良いことです。

消費者金融系カードローンに契約申込みをし、キャッシングを利用しようとした場合、最大の限度額は年収の1/3以下までということをご存じですか。
これは総量規制と言って、自己破産などの金融事故を起こすことを削減する為の律で、貸金業法に定められています。

新たに消費者金融系カードローンを申込もうと思っても、他社から既に年収の1/3近く借入してしまっているのであれば、審査が通ることは難しいと思います。
それは、総量規制は1社当たりではなく、その合計金額が反映される為なのです。

現状の借入残高が複数のカードローンから、合計100万円程であれば、別の消費者金融系カードローンを申込み、おまとめローンとしてしまうのが良いと思います。
毎月の返済額も、低額に抑えられる可能性があります。
本来、総量規制の為に既に年収の1/3近くまで借入してしまっている場合、新たに消費者金融からお金を借りることは出来ません。

しかし「おまとめローン」として、全ての借入先に直接返済することを条件に、契約が可能になる場合もあるようですので、webでの申込み意外に、問い合わせ窓内などへ相談されることが良いことなのではないかと思います。

消費者金融の利便性を説明

私が消費者金融のキャッシングを選んだのには2つの理由があります。
1つ目は、当時住んでいた近所にその消費者金融の無人ATMがあったからです。
2つ目は、自宅に不要な書類が届かないことです。
私の場合、消費者金融の審査を行ったのは無人ATMでした。
無人ATMで審査を行った時は、その場でカードから必要な書類全てを受け取り、それ以降自宅へ書類等が届くことは一切ありません。

また、クレジットカード会社などでカードを利用すると、後日明細が自宅へ送ってきますが、消費者金融はそういった書類等が自宅へ届くことは一切ありません。
なので、家族や恋人にキャッシングを利用していることはイレギュラーなことが起きない限りは決してバレることはありません。
私は、こういった利便性も加味した上で消費者金融からのキャッシングを選択したのであります。

返済に関しても近所のコンビニのATMで行うことができるので非常に便利であります。

即日キャシングするにあたっての注意点は?

急にお金が必要になった時には、消費者金融の即日キャッシングを利用すればいいです。
即日キャシングとは審査が即日に終わるから、即日にキャッシング出来るのでそう言われています。

利用方法ですが、まずは即日キャッシングが出来ると宣伝している消費者金融を利用します。
即日キャッシングができると宣伝していない消費者金融では利用出来ませんから、宣伝していない消費者金融では即日キャッシングが出来ません。
次に審査が終わってもカードが発行されないと銀行振込になりますから、銀行の振込時間に間に合うように早めに審査を受けるか、カードを発行してもらえる無人契約機で審査を受ける必要があります。

消費者金融の審査には在籍確認があって、在籍確認とは会社に電話をして本当にそこで働いているかを確認します。
それで会社が休みの場合は、在籍確認が出来なくて審査が止まりますから、審査が終わらなくて即日キャッシングが出来なくなります。
だから会社が休みの場合は即日キャッシングができないということです。

街金のイメージが変わった出来事

私が街金でお金を借りたのは数年前。まだ大学生だった頃でした。

当時、私は典型的な貧乏学生で、学費を納めるのに苦心しておりました。
実家は貧乏でとても学費を捻出できるような状態にはなく、アルバイトと奨学金を加える事でどうにか毎回の学費を納めているような具合だったのですが、ある年のこと、家庭の事情からどうしてもお金を埋め合わせできないという事態に陥りました。

アルバイトをしても到底納入が間に合いそうになく、あわや留年か退学かといった所にまで追いつめられてしまいました。
そこで仕方なく街金を頼る運びとなったのです。
正直なところ、私はそれまで街金にあまり良いイメージを持っておりませんでした。
しかし、実際に利用してみると、それまでイメージしていたような怖いところではなく、極めてまともで親切な所でした。

借入に関してしっかりと説明してくださり、返済までにかかる期間・年利などわからない所は親身に相談に乗ってくれてプランニングしてくれました。
リラックスして借りることができましたし、お陰で学費の納入期限にも無事間に合いました。
返済に関してもある程度融通が利いたので助かりました。
もしあの時街金を利用していなかったら、私は大学を卒業することはできなかったことと思います。

過払い請求について語り。長い目で見た損得。

かつて高金利の貸付が流行し、その後何社ものいわゆるサラ金の会社が法改正によって倒産しました。
おかげで弁護士の仕事が増え、調子に乗って事務所を大きくし、過払い請求が下火になると困窮してしまったというケースもあります。
つい最近消滅時効がギリギリであるとのCMを頻繁に見かけました。
過払い請求は、もちろん過払いがあればした方がいいですが、必ず満額返還されることはないです。弁護士に依頼しても、良くて7割というところでしょうか。

特に数年前は返還する方も経営が厳しく、どんなに交渉しても4割を半年後に返還ということで勘弁してください、それ以上は訴訟してもらわないと払えません、という会社がほとんどでした。
今は少し落ち着いてきたのか、ある程度の金額がそれほど時間を置かずに返ってくるようになりましたが。
消費者金融を利用する人は大抵、最初まとまった金額を借ります。

それを分割で返していくのですが、そのうち毎月の返済が苦しくなって、別の消費者金融から借り入れるようになります。
そして、期限に一応一度返済し、すぐにまた限度額まで借りるということを繰り返します。
そうして結局何百万円も過払いの状態になっていた、という人は本当にたくさんいます。
法改正前、消費者金融は債務者が土地持ちであるなど調べ、限界まで貸し付けて、最終的には強引な手を使って返済を迫ることさえあったようです。
法改正前はほとんど闇金と変わらなかったということです。

そうした会社のあり方には憤りを覚えますが、私はむしろ借りる側の過失について考えてしまいます。最初は30万円借りた。
金が足りないからといって借りても、無計画ではたった30万円を、分割にしたとしても返すことなんてできないのです。
借りて返してを繰り返す利用者の履歴を見て、正常な感覚があればなぜそんなことをするのか理解できないと思います。

法改正されたといっても手軽であるが故に高金利な消費者金融。
どんなに差し迫った状況でも、利用する前に長い目で見た損得を考えるべきでしょう。